SFC修行者重要!ANAが国際線発券時の日本国内線のマイル積算率変更を発表


ANAが、先日、来年2018年10月1日搭乗分より、国際航空券で発券される日本国内区間のマイル積算率を変更することを発表しました。1年以上先の話ですが、SFC修行僧にとっては、今後のプランの見直しが必要になる重大な事案です。

国際線航空券で発券される日本国内線の積算率

現在および、2018年9月30日搭乗分まで

国内線区間ブッキングクラス 積算率
F 150%
上記以外 100%

Fとは、国際線がファーストクラスの場合ですが、それ以外は全て100%で国内線のマイルはたまる様になっていました。

2018年10月1日搭乗分以降

国内線区間ブッキングクラス 積算率
F,A 150%
Y,B,M 100%
U,H,Q 70%
V,W,S 50%
L,K 30%

今後は、ブッキングクラスによって、細かくマイルの積算率が変わる仕組みになります。
国際線と国内線の予約クラスは異なる場合もあるので、今後はチケットに記載の予約クラスを確認が必要です。

ただ、国際線がプレエコ・ビジネスでの発券の場合はYとなり、エコノミーでもBなので、積算率が100%のままです。関係ないのかなと思いつつも1年以上の期間をもっての変更ですので、乗り継ぎ用の国内線予約クラスを、細かくしていく準備かもしれません。
ANAは地方民に冷たいイメージがあるのですが、さらに冷遇するのか!?
なお、ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションは2017年9月28日より新積算率で利用可能です。
引用・画像:ANA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする