海外キャリアのSIMを日本で購入して現地到着後すぐ使う


海外の現地SIMは、早朝や深夜到着で購入できなかったり、空港では高い物しかない場合が時々あります。言葉の問題もある地域も当然あります。そんな時は、日本で購入すると便利です。あるいは、全く別の第3国でも、他国キャリアのローミングサービスの方が安いことがあるので、選択肢に入れたいですね。

海外キャリアSIMを日本で買う

世界中のキャリアのSIMが日本で買えるわけではありませんが、一部の国向けはかなり揃っています。*紹介するSIMカードはキャリアが直接販売しているものではありませんので、自己責任になりますので、評価の高いお店から購入しましょう!

タイの3大キャリアは全て購入可能

タイは、AIS、DtacとTruemoveの3社があります。MVNO会社もありますが、空港でもトラベルSIMとして売っているのはこの3社になり日本でも購入が可能です。
タイの各社ともに、ツーリストSIMを販売しています。基本的に横一列の料金体系と言っていいですね。私もタイはよく行きますが、順番づつ買っている感じです。

AIS

一番の大手と言われています。プリペイドSIMは、1-2 Callという名で販売しています。

Dtac

外資系の企業と言われています。

True Move

5年ほど前は、繋がらないところが多いと言われていましたが、どんどん伸びでいるので、今では使い勝手も悪くありません。

香港・マカオ

香港とマカオは中国の一部ですが、現在でも出入国審査のある別の国ですので、現地でSIMを購入しても、ローミングになるか使えないこともあります、このSIMは両地域対応になっているので、オススメです。

ローミングをする

ローミング用のSIMがあります。日本でも海外トラベルSIMを数社がリリースしていますが、同様の形の物が海外でもあるので、いくつか紹介です。
https://gooverwell.com/review-travel-sims-from-rakutenmobile-iijmio-mineo/

中国・香港で活用

仕事の人に多いパターンで、香港経由の深センやその他本土の地域に移動となりますが、両方をカバーします。また、香港からのローミングのおかげで、中国のTwitter/Facebookなどの規制も、心配せずに使えるところがありがたいですね。

実際に購入して使用しました:
https://gooverwell.com/use-sim-from-amazon-in-china/

アジアをカバーする

中国は含まれませんが、東南アジア・オーストラリアもカバーするのがいいですね。周遊する人には、かなりオススメなSIMですね。ただ期間が、周遊旅行では短いかもしれませんね・・・。

いくつかあります。上記共にタイの会社です。下記は中国も対応です。

韓国・中国を行く予定があり、別々で購入より便利で安いと思い、1枚のSIMカードで両方の国に対応した、タイのTrue moveが発行するアジ...

ヨーロッパ・アメリカで使う

タイの会社ですが、もちろんタイ人もアメリカ・ヨーロッパ旅行をするので、ローミングパッケージを販売しています。

イギリスの会社からも、アジア・ヨーロッパをカバーしたパッケージがあります。

まとめ

ローミングができるSIMが特に魅力ですね。安くローミングするためには選択肢の一つです。タイのみで使えるSIMは、現地空港でも購入できますが、早朝・深夜に着く便を利用している人にはオススメですね。
全て、並行輸入と言われる、企業・個人が現地で購入したものを、日本で再販売しているので、購入する際は、評価などを確認したのち購入しましょう!
https://gooverwell.com/data-connection-abroad/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする