誰でも分かる海外旅行時の電源・充電についてと必要な物


スマートフォンをはじめとし、多くの電化製品を普段から持ち歩いていると思いますが、海外旅行でも、電化製品はかなり重要です。そして、もちろん電化製品のため電気が必要です。今回は、海外旅行時に必ず抑えておきたい充電・電源周りのお話です。

海外で日本の電化製品を使うためには

海外と日本では、電気に関係する基準が違います。日本でも東日本と西日本が違う話を聞いたことがあると思いますが、それ以上に違います。
大きく違う点は、

  • コンセントが違う
  • 電圧が違う

コンセントの形が違う

100%違うわけではありません。一部の地域や国では、日本と同じ形の物が使えます。例えば、タイやアメリカは同じです。しかし、その他多くの国で異なり全部で10種類以上あります。
例えば、下記の写真は、イギリスや香港で使われている物です。非常に大きくて丈夫です。

電圧が違う

日本は世界でも一番低い電圧を使っているとも言えます。日本は100Vを使っていますが、他の国では、それ以上の電圧を使用しています。
例えコンセントの形が同じでも電圧が違うと、日本の電化製品が使えません。そして、注意しないと、火災・感電・爆発を起こします。非常に危険です。
そのため、電化製品を持って行く際は、下記の写真の通り、必ず付属の電源アダプターを確認します。
入力(あるいは Input):100~240V
この、240Vの数字がなく100Vだけの場合は、日本のみと思ってください。逆に海外で電化製品を購入する際も同じ、100Vが記載されていない場合は、その地域向けの製品です。
*ただし、パソコンで充電可能(USBケーブル使用・パソコン自体は除く)な製品は、ACアダプターなどの代わりに、USBポートを使うことができます。

海外で、日本の電化製品を使うために必要なもの

コンセント変換アダプターを使う

コンセントの形状が違う場合は、アダプターを購入し使うしかありません。これだけは海外旅行に行く際、必ず必要な出費と思ってください*オーストラリアで使われている形状は、日本の物を八の字にした感じですが、絶対に自分で曲げて使おうとしないでくださいね!!
持って行くのを忘れても、現地のお土産屋さんなどでも購入できます。

最近の多くの電子機器(スマホ・タブレット・モバイルバッテリー等)は、USBケーブルで充電する仕様ですので、下記の製品のような、電源変換とUSBアダプターを兼ねた製品が1つあれば、多くの人は、ACアダプターも不要になります。

電源変換プラグの最近の主流は、USBコネクタ付きです。値段も安いものが出始めているので、スマホの充電程度なら、こちらを購入していくと便利です...

USBが足らない場合

上記の製品で足らない場合や、電源変換アダプターだけの物を使っている場合は、下記のようなUSB電源ポートを持って行くと良いです。6個程度まで増やせるので(上記と合わせると8つあり)、ほぼ足りない事が無いと思います。

*ただし、パソコンだけは消費電力が大きいので、変換アダプターとパソコン付属のACアダプターを使う必要があります。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、持って行く様にしましょう。スマートフォンを使う場合、電波が悪い地域だと電池の消耗も激しくなります。普段より写真の量も増えるので、忘れない様にしましょう。
モバイルバッテリーを充電しながら、そこから線を伸ばしてスマホなども同時に充電が出来ないか考える人もいますが、多くの製品は出来ません。パススルー機能がない製品は、モバイルバッテリーが電源につながると、他への充電は遮断します。
数少ないですが、下記のモデルなどは可能です。USBポート数を増やしたい人にも最適です。

MacBookユーザーなら

Macbookユーザーなら、Macとその他機器も全て1台で充電できるのがおすすめです。
購入レビューはこちら
https://gooverwell.com/review-anker-powerport-5-c/

変圧器は要らない

最近のスマートフォンやカメラなどに付属されている、ACアダプターは海外でも使える事が多いため、変圧器がほぼ要りません。アダプターが240Vまで対応しているか確認だけ忘れずにしましょう。
そして、逆に大きな出力が必要な、ドライヤー・ポットなどの、熱を発生させる電化製品は、かなり大きな変圧器(業務用レベル)が必要ですので、海外対応品を別途購入する方が、安くなる事が多いです。

 海外使用に対応する電化製品色々

ヘアアイロン

最近のほとんどのホテルにはドライヤーがあります。日本の物より電圧も高いため強力です。ブラシ類があれば十分ですが、ヘアアイロンが無いと困ると思う人は、海外用を1台購入することをオススメします。多くの日本で売られている製品は海外へ対応していません。

ケトル

ホテルにあるケトルが不潔そうで使いたく無い人や、温かい飲み物を必ず飲みたい人には、オススメ商品です。ポット類は熱を出す製品ですので、かなりの出力が必要です。小型変圧器では対応できません。

充電式電池・充電器

電池は世界共通ですので、現地で購入も可能ですが、この製品があると便利です。ホテルで充電することも可能です。
また、電池で動くものは世界中どこでも使えるので、ちょっとした物がある場合は、充電器も一緒に持って行くことをお勧めします。

アイロン

アイロン時々置いていますが、あまり見ませんよね。スーツケースに押し込んだシャツを綺麗にするために1台あると便利かもしれません。

炊飯器

長期滞在者向けです。電圧の対応が狭いので全世界で1つは難しいです。下記も一例です。
炊飯器は代表的な例ですが、海外向け製品は、電圧の高い地域向けに作られています。電圧は大は小を兼ねることはなく、逆に日本では使えません。

まとめ

おさらいですが、充電機器として最低持って行くものは:

  • 電源(コンセント)変換アダプター
  • モバイルバッテリー
  • ケーブル
  • ACアダプターまたはUSB充電器

ケーブルはよく忘れたり、足りな事があります。電子機器分は持っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする