楽天プレミアムカードとプライオリティ・パスは海外旅行者の鉄板アイテム!


空港での待ち時間は、時にはゆっくりしたい場合があります。ゴールドカードを持っていると、国内ではカードラウンジへ入場できますが、時々すごく混んでいることがあります。また軽食などは置いていない事がほとんどで、お世辞にもサービスが充実しているとは言い難いです。海外では、ほとんどありません。

一方、航空会社の上級ステータスに入っている人でも、3アライアンス全て持っている人は少ないはずですし、一部空港では航空会社系ラウンジが時間的に常時空いていないこともありますし、別のアライアンスの航空会社やLCCを利用する際にラウンジは使えません。
そんな時に大活躍するのが、独立系のラウンジを展開している会社を利用する事です。基本的には、会員カードとフライトチケット(どこのでも)だけ持っていれば何時でも入る事ができるので、カードラウンジに近い自由度の高いラウンジです。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、世界中で1,000箇所以上のラウンジが使える会員カードです。航空系のラウンジとも提携している事があるので、全くラウンジがないと心配する事もかなり減ります(羽田空港やLCC専用ターミナル等一部にはありません)。

オススメの人

  • プレミアムエコノミークラス以上に乗らない人
  • 空港でゆっくりする人
  • 個人ひとり旅行・出張が多い人
  • 3大アライアンス全ての上級ステータスホルダー以外の人
  • 乗り継ぎ・乗り換えが多い人

ビジネスクラス・プレミアムエコノミー以上であれば、ラウンジ入場券をもらえます。空港で買い物とかで忙しい人にも向きませんが、あって損はないカードです。特にクレカ特典として会員カードを持つなら無料とも言えるので、ぜひオススメです。
ただし、プライオリティ・パスはカード保持者のみ無料でラウンジを利用できます。同伴者が1名入場可能な、航空会社系ラウンジやカードラウンジよりはその点が弱点ですが、その分ラウンジの混雑は避けられるはずです。
https://gooverwell.com/lounge-with-priority-pass/

楽天プレミアムカードに入る




海外旅行には自動付帯の海外旅行保険を必ず入っている事をお勧めします。そのため、必然的にゴールドカード以上を持っている必要があります。
どのゴールドカードを選ぶかです。
カード付帯のサービスの違いは各社少なからずありますが、海外旅行向けのプラスアルファのサービスと言うと、航空会社系カードのマイルの還元率以外は、正直多くが横一線に近いです(個人的主観です)。
その中でも、プライオリティ・パスを、楽天プレミアムカードがあれば無料で追加発行できるるため、1つ抜けた感じがします。
プライオリティパスは直接入会すると、4万円近くの年会費がかかり、また他のクレジットカードでは、さらに上位のカードも必要で、年会費が2万円ほどかそれ以上となり、実質的には、楽天プレミアムカード入会が、最も安くプラオリティ・パスを持てる方法と言えます。

楽天ポイントもいい!

また、多くのゴールドカードの年会費は1万円前後となりますが、時々旅行に行く人であれば、マイルのことより使いやすい・貯まりやすいポイントの方が大事です。楽天プレミアムカードは、楽天市場でポイントが5倍にもなるので、後々楽天ポイントをマイルに交換を考えてもかなりお得です。
楽天ポイントであれば、楽天市場で買い物もできますし、電子書籍の購入にも使えます。そのため、海外長期滞在者でも、海外で恩恵が得やすいカードでもあります。
楽天カードは、プレミアムカードからプライオリティ・パスを外した、ゴールドカードも出していますが、旅行に行く人には、楽天プレミアムカードが是非おすすめです。

ラウンジの使用権・海外旅行保険・便利なポイントを考えて1万円前後の年会費は、かなりお得なカードです!!

まとめ

クレジットカードは複数枚持つ人も多いと思いますが、海外では必ず持っておいた方が良いです。例えば、海外ではすぐ再発行ができません。盗難や磁気不良で一枚カードが使えなくなっても、複数枚で柔軟に対応できます。その一枚に最適なカードが楽天プレミアムカードです!
楽天サービスを多く使う人には当然メインのカードとして、そしてマイルを貯めている人であればサブカードとして、プラオリティパスと一緒に持つのに、楽天プレミアムカードはオススメのクレジットカードです。

プライオリティ・パスのラウンジ体験記を記載しています。
https://gooverwell.com/category/review/ariport-lounge/