オーランド・サンフォード国際空港:The Royal Palm Loungeラウンジ体験


日本から直行便もなく、この空港に行く人が見てくれるのかも分からないぐらい、誰得?情報ですけど、凄く小さな地方空港ですが、ひょんな事から利用することになりました、そしてプライオリティ・パスで入れる、ラウンジ発見ですので紹介します。

オーランド・サンフォード空港

国際空港ですが、マイナーなのでご紹介です。フロリダ・サンフォードにあり、オーランドにも近い事もあり、空港名はオーランド・サンフォード空港(SFB)です。もちろん日本から直行便もありません。
オーランドの地名を知らない人も多いと思いますが、世界最大のリゾート、ディズニー・ワールドがあるところです。しかし、オーランド国際空港が最寄りの空港で、そちらの方が発着も多く空港設備も充実していて、日本から乗り継ぎで予約すると多分オーランド国際空港へ着くはずです。
とまあ、小さな空港ですが、行ってきたので紹介します。ちなみに街中からUber乗りましたが、「空港から戻りは人がつかまらない」とボヤいていました(暗にチップの要求ですね)。

ローヤル・パーム・ラウンジへ!

まずは、空港ですが閑散としています。私が保安検査を終えて入った際も、1〜2便分の人しか居ない感じです。


フードコートも閉まっています。と言うか営業していない感じがプンプンします。

セキュリティーチェック前にも、ほとんどお店が無いので、空腹で空港へ行くのは危険です。そしてラウンジへ行きます。
まず入り口で、腕にこの紙のベルトを巻かれます。出入り自由になりますね。(写真はラウンジ退出後、外した物です)

中に入ると、ソフトドリンクとスナックのコーナーがあります。食べ物はこれくらいです・・・。ポテチだけ?

バーがあります。有料です・・・。
ただ、生ビール(バドワイザー)とハウスワインが、一人2杯まで無料です。

ビールは、プラスチックカップです。持ち出せますね。

一杯飲むと、マジックでペケ印を記載されます。これで2杯まで管理されます。

少しうろうろします。ほとんど人は居ませんが、さすがアメリカ、広々としています。

本当に、お腹が減って期待していたので、食べ物がないのが残念ですが、その点はご心配なく。有料で食べれます!

ハンバーガーの、X-worksを頼みます!美味そう!!

美味しかったです。他にコンピュータールーム的な物とトイレがあるくらいです。長居は無用???で退散です。

まとめ

ラウンジ物乞いの人には不向きですが、何もない空港で、ビールと食事を堪能できたので、私としては良かったです。静かさで言うと、外も閑散としているので、あまり変わりません。空港に無料WiFiもあり、喫煙所もラウンジにはありません、一応レストラン1件は外で営業していました。
その為、何の為に行くのかと言われると、ビール2杯のためとしか・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする